2013年10月29日火曜日

「ダサソー」使用OK=ダイソー商標権侵害せず-韓国

2013年10月29日付の時事ドットコムの記事によると、日本の100円ショップ「ダイソー」の韓国の商標権者が、同国の格安雑貨店「ダサソー」の運営会社などを相手に起こした商標権侵害禁止訴訟で、ソウル西部地裁は29日、原告敗訴の判決を下したとのこと。


時事ドットコムの記事はコチラ


記事によると、「ダサソー」が韓国南東部の慶尚道方言の「全部買って」と発音が近い点に触れ、「二つの商標は、発音や観念が違い、商標権を侵害するとみなすことはできない」と説明したそうです。



しかしながら、ソウル西部地裁の判決は、一般的な商標の類否判断手法から見て全く理解し難いと、言わざるを得ません。


まず、商標の類否判断は、「外観」、「称呼(読み方)」「観念(意味)」の3要素を基準に総合的に判断しますが、原則として一つの要素でも類似すれば、商標は類似と判断されます。そして、3要素がすべて異なれば、商標は非類似です。


つまり、対比される二つの商標の「称呼(読み方)」や「観念(意味)」が異なっても、「外観」が類似していれば、「両商標は類似」と判断されます。


記事から判決の詳細内容を理解することはできませんが、記事だけを読むと、ソウル西部地裁は「発音」と「観念」が異なるだけを基準に判断しているように思います。つまり、ソウル西部地裁の判決は、「称呼」と「観念」の違いからのみ判断しており、上記の3要素の「外観」についての判断が完全に抜け落ちているように思います。


当該事件の概要については、以前に書いた記事でも触れましたが、「ダサソー」と「ダイソー」のハングルにしたときの文字の形は大変似ており、両商標は類似しているように思います。

「ダイソー」(上)と「ダサソー」(下)


ダイソーには、是非控訴して、高裁で頑張ってもらいたいところです。

以上
(弁理士 森本聡)

<a href="http://samurai.blogmura.com/benrishi/" target="_blank">にほんブログ村 弁理士</a>